ディスクケースはある?

DVDを買取りしてもらう際に気をつける点をお話しましょう。とくにDVDのディスクは、DVDの命とも言うべき大切なものです。このディスクの善し悪しで買取りをしてもらえるか、断られるかが決定します。DVDのディスクは、きれいですか?キズの線が入っているなんてことはありませんか?見積もりに出すまえには、指紋や表面の汚れなどは、ディスククリーナーできれいにすることも必要でしょう。DVDが再生できるかチェックすることもお忘れなく!ディスク本体の状態は重要なポイントになります。再生といっても音がしっかりと聞こえるか、ノイズが入っていないかなど事前に確認することをお忘れなく!

ところで、DVDのディスクはちゃんとケースに入っていますか?まさかとは思いますが、ケースに入っていないとか、ケースが割れているようなことはありませんか?DVDディスクそのものが保存状態も再生も問題ないのであれば、買取りしてくれる業者もありますが、ケースがないことで買取り額が低くなってしまうのはしょうがないことです。

買取り業者にケースがないDVDを送付する場合には、CDケースやあまっているDVDケースなどに入れることもお忘れなく。DVDは発売日から早めに手放せば買取り額も高値がつきますので、ディスクの扱いも丁寧に、ケースやパッケージ、付属品などもきれいに保管しておきましょう。

宅配サービスは高値取引

DVD買取り業者を見つけたら、持ち込みにするのか、宅配サービスを利用するのかも大きなポイントです。それは、実店舗のある買取り業者ですと、DVDの買取り価格は、その日の相場額で計算されるので、損することもあります。また、店舗では働いているスタッフもアルバイトであることが多いようですので、一定の基準でしか対応できずに残念な結果で終わってしまうかもしれません。

どうせ買取り業者に頼むのであれば、宅配で買取りしてくれるサービスのある業者を選ぶようにしましょう。店舗を構えていない分、小さな事務所やもしかすれば、自宅で開業している業者かもしれませんよね。その場合には家賃や人件費などに余計なお金がかかりませんので、その分高い値段が付きやすくなりますし、以外にも熟練の業者さんでDVDの価値がわかっている方かもしれませんので、1円でも高く買取りを希望しているのであれば、宅配買取り業者を探してみましょう

宅配とはいえ、その業者にメールや電話などで依頼すると、送付のためのキットを無料で送ってきてくれます。ちなみに、DVDの買取を行っている【買取王子】では、段ボールを5箱まで無料でお渡ししています。

発送に必要なダンボールも無料で指定日時にお届けします。

そこにDVDと必要事項を記入した用紙を入れて、着払いにて送り返すだけです。査定額の連絡が来て、納得できる価格であればそのまま買取りをしてもらいましょう。銀行振込などの振込手数料は実費のところが多いようです。